家の壁

珪藻土の機能はすごい

最近、家の壁を珪藻土にリフォームする人が増えています。珪藻土は湿気を調節してくれると言われており、自然素材として注目されています。 珪藻土にリフォームしたら、結露やカビが減少したと言う報告もありますが、湿気を調節するだけではありません。断熱性や保温性にも優れていますし、においを吸着すると言う機能もあります。こう言った理由で、家の壁を珪藻土にリフォームする人が多いのです。 しかし、製品によっては壁への付着力を強くするために、合成樹脂を混ぜているケースがあります。合成樹脂は珪藻土の特徴を減らしてしまうので、合成樹脂が混ざっている製品では、効果が薄くなってしまいます。混ぜ物がされていない製品を選ぶことです。

工期を短縮するために

珪藻土にリフォームするなら、手入れについても業者から説明を受けておくことです。手あかなどは消しゴムを使えば落とせます。しょう油などが付着した場合は、漂白剤を布に染み込ませて叩くようにして取ります。珪藻土にすると、壁の出隅が欠けやすくなるので、木部などでカバーするような設計にすると安心できます。 珪藻土のリフォームは工程が多いので、工期が長くなりがちですが、最近では100パーセント珪藻土を原料としたタイルがあります。それを使えば工程が少なくなるので、工期が短縮されます。タイルと言っても、調湿性やにおいの吸着性も十分あります。そう言うこともあって、この珪藻土を原料にしたタイルは、キッチンの壁によく使われます。